企業情報

トップメッセージ

菊川 健治

日鋼YPK商事が「特殊専門商社」と名乗っているのには2つの意味があります。ひとつは、「『特殊な機械』の専門商社」ということ。もうひとつは「機械の専門商社として非常に『特殊』」ということです。

『特殊な機械』の専門商社
簡単に言うとビジネスの軸には2つあります。

  1. JSW(日本製鋼所)というメーカー(親会社)から、JSW製の機械を仕入れて、必要とする企業(クライアント)にご提供する。
  2. 世界中のメーカーから必要なさまざまな機械を仕入れて、必要とする企業にご提供する。

親会社がありながら、親会社一辺倒ではなく、「トータルでお客様が求めるパッケージをつくっている点」が特殊。いわゆる一般的な機械専門商社とは、ここが大きく異なっています。

どことも似ていない「特殊」性。だから需要がある。
日鋼YPK商事の事業領域はプラスチック(樹脂)。取扱製品は、それらにまつわる産業機械です。言うなれば、ものづくりの現場に欠かせない、お客様が希望する「製造ライン」に必要な機械です。
お客様がつくりたい製品・部品・新素材は、大きさも品質もすべてオリジナル。それらを産み出すための機械なのですから、私たちがご提供する、その多くの機械は特注品。非常に特殊な機械を取り扱っています。
さらに、JSW自体の業務が幅広い点も非常に特殊です。具体的に言いますと、造粒機(ペレット生成のための機械)、コンパウンド機、射出成形機、中空成形機、フィルム・シート製造装置までを、ここまでトータルなラインナップで総合的にお客様に対応しているのはJSWだけです。だからこそ、日鋼YPK商事は 1945年の創業以来、ここまでやってこれたと自負しています。

機械の専門商社として『特殊』
日鋼YPK商事は、お客様(企業)の「こういうモノをつくりたい」を実現するために存在する商社です。専門商社として取り扱っている商材は「さまざまな特殊な機械」ですが、機械販売だけがビジネスかと言うと、そうではありません。
「このカタログにある、この品番の機械が欲しい」というようなご注文・ご要望・お問い合わせはもちろんですが、私たちの真骨頂は、それ以外の複雑かつ抽象的なご要望に対して発揮されます。それが課題解決(ソリューション)です。

例えば
「サイクルタイムを0.1秒、短くしたい。」
「圧延機のロール同士のクリアランス(隙間)を20ミクロンでキープさせたい。」
「粒の異なる2種の粉を均一に混ぜたい。」
「製品の加工時間をこれまでの3分の1にしたい。」

などです。これらはほんの一例に過ぎません。
私たちは常に、製品提供を通じて、お客様の課題を解決し、お客様へご満足をお届けしています。

私たちに何でもご相談ください
最後に、お客様にお伝えしたいことは、

「私たちになんでも相談してください。」

という一言に尽きます。
私たちも私たちで、ただ待つのではなく、「どうすれば、お客様にもっと相談していただけるだろうか、ご満足していただけるだろうか」ということを考えて実行してまいる所存です。今後とも、日鋼YPK商事をどうぞよろしくお願いいたします。

菊川 健治

会社概要

企業名
日鋼YPK商事株式会社
本社住所
東京都品川区大崎1丁目11番1号 ゲートシティ大崎 ウエストタワー24階
※電話番号・地図等は「拠点情報」のページをご覧ください。
事業所
支店:名古屋・大阪(本町)
営業所:室蘭・仙台・長野・埼玉・富山・岸和田・大阪(江坂)・広島・福岡
※電話番号・地図等は「拠点情報」のページをご覧ください。
設立
1987年8月
代表者
菊川健治
社員数
123人(男女比:男7:女3、平均年齢43歳)
資本金
3億5000万円
売上高
371億円(2019年3月実績)
事業内容
産業機械・工作機械・機械器具など扱い製品の販売
古物商許可
東京都公安委員会 第301068802235号
建設業許可
一般建設業/機械器具設置工事業  東京都知事 許可(般 - 29)第148205号
環境国際規格
環境マネジメントシステム(EMS)認証 (ISO 14001)
担当部門

沿革

日鋼YPK商事株式会社は、株式会社日本製鋼所(JSW)のグループ会社2社が合併して生まれた会社です。
JSW製の樹脂機械及び各社工作機械の販売を主に行う日鋼商事株式会社と、
JSW製の射出成形機の販売を主に行う株式会社YPKです。現在の社名になったのは2014年1月。
しかし、創業の歴史は古く、1945年に遡ります。

年 号 株式会社YPK 日鋼商事株式会社
1945(昭和20)年12月   日興商事株式会社と称し、株式会社日本製鋼所への製鋼原料及び副資材の納入を目的として創業
1958(昭和33)年8月   増資を機に株式会社日本製鋼所全額出資の会社となり「 日鋼商事株式会社」と改称
1961(昭和36)年6月 三井物産株式会社と大和化工材株式会社(現:ヤマト・インダストリー株式会社)の共同出資により株式会社 日本製鋼所の射出成形機販売を目的に大和プラスチックス機械株式会社を設立  
1985(昭和60)年7月 株式会社日本製鋼所が資本参加(10%)  
1987(昭和62)年8月   日鋼グループ内強化を目的として、同一名称にて新会社を設立、新たにスタート
1990(平成2)年4月 株式会社YPKに社名変更  
2007(平成19)年8月   本社を東京都品川区大崎に移転
2012(平成24)年4月 株式会社日本製鋼所が全額出資の株主となる  
2014(平成26)年1月 日鋼YPK商事株式会社 設立 
2019(平成31)年2月 フリーアドレス導入などオフィスデザイン刷新

事業領域

事業領域

日鋼YPK商事の得意分野はプラスチック(樹脂)です。
プラスチック製造に関係する多くの特殊機械・付帯サービスを取り扱い、
それら機械を必要とするお客様の「多種多様な課題解決」に努めています。

射出機システム部
【射出成形機】射出成形機及び周辺機器/【システム技術サービス】工場立上支援/
【新製品・新技術開発コーディネーション】
鉄鋼・産機部
【樹脂製造機械】造粒及びコンパウンド用、単軸及び二軸押出機、及び付帯設備/
【樹脂加工機械】中空成形機、電線被覆装置、フイルム・シート装置、異形押出成形装置、及び付帯設備/
【産業機械】パイネグラブ圧縮機、一般産業機械/
【鋼板・鋳鍛鋼】クラッド鋼板、各種鋳鍛鋼品/【金型及び金型用鋼】/
【粉粒体処理加工機器】高速混合機、分散機、乾燥機、造粒機、表面改質装置、混練機、捏和機、粉砕機、
微粉砕機、乳化機、計重機、搬送設備、分級機
工作機械部
【工作機械】マシニングセンタ、NC 旋盤、研削盤、放電加工機、横中ぐり盤、プレス(板金)、他各種専用機、 中古機械、韓国製工作機械各社/【支援設備】各種ロボット、非破壊検査装置、三次元測定器、搬送システム、 CAD / CAM、治具、油脂類/【チャック装置】パワーチャック、シリンダー、特殊チャック
機材部
一般産業機械用機器及び部品、防衛装備品用機器及び部品、工場用備品、製鋼用原料及び副資材
企画管理部
海外輸出入業務
保険部
【損害保険】自動車保険・輸送保険・火災保険・新種保険・損害保険・その他保険/
【生命保険】日本製鋼所団体定期保険・がん保険・各種生命保険・介護保険

「特殊専門商社」の特殊性をわかりやすく

事例紹介

拠点情報

日鋼YPK商事は現在、本社を東京・大崎に置き、
国内においては北は室蘭から南は福岡まで全国14か所に支店・営業所、
海外は香港をはじめ3か所に拠点を構えて活動しています。
⇒詳しくは、こちらの「拠点情報」ページをご覧ください。

JSWグループ