成形機システム部
仕事の成果を
生み出すのは
自分自身の
積極的な行動

成形機システム部
2013年入社

法学部法律学科卒。
周囲に流されるのではなく、
反骨精神も大切しながら、
言いたいことはハッキリと言うのが流儀。

入社の理由突然の内定取り消しが縁となり入社

就職活動であるメーカーの内定を受けましたが、会社の事情から12月になって急遽内定が取り消しに。再び就職先を探すなか日鋼YPK商事に出会い、入社しました。広大な広島工場での研修を経て、ゴールデンウィーク明けからは成形機システム部へ配属、まずは内勤として業務フローを覚えることに。当時は「営業なのになかなか外に出られない」と、日々葛藤していました。2年目からはいよいよ一人で営業を開始。最初のうちは毎日何十件も企業を回り、新規顧客の開拓に奔走しました。初受注はアミューズメント機械の部品メーカーから。射出機ではなく小さな工具の注文でしたが、非常に嬉しかったのを覚えています。

現在の仕事結果を出すことで、自分の存在価値を再確認

はじめて射出成形機の契約をいただいたのは営業をスタートして半年ほど経った頃。当時は「自分は周囲から期待されていないのではないか」と感じており、何とかして評価を覆したいという想いで仕事に打ち込んでいました。そのような背景もあったので、お客様から問い合わせいただいて受注が確定するまでの間、技術スタッフに協力していただき、一緒に客先に出向きながら慎重に商談を進めていきました。社内会議ではじめて受注を報告したときは、周囲の驚いた様子に心の中でガッツポーズ。この経験以後、自分を見る周囲の目が変わったのを感じ、周りの評価は自分の働き方次第なのだと気付けました。

仕事の流れ

図解:仕事の流れ図解:仕事の流れ

仕事のやりがい信頼関係を培いお客様から頼ってもらえる喜び

仕事のやりがいは、お客様から顔を覚えてもらっていること。最初は門前払いだったお客様でも粘り強く通いつめていくと、最終的には「あの部品ある?」と、気軽に連絡をくれるようになるのです。そんな風に心を開いて頼りにしてもらえることほど嬉しいことはありません。また、信頼を得るためには、わからないことをわからないままにせず、自分から積極的に周囲に聞いていくことが大切です。座学だけではとうてい100%の知識は得られず、現場に出てはじめてわかることのほうが多い。幸いなことに周りには気軽に質問できる先輩や技術者の方がいらっしゃいます。そんな仲間の存在もこの会社で得た財産です。