㈱日本製鋼所、業界最速級の大型全電動射出成形機を開発

㈱日本製鋼所は、大型全電動射出成形機「J-ADシリーズ」(型締力550tf(5390kN)~850tf(8330kN))をフルモデルチェンジし、「J-ADSシリーズ」を昨年12月初旬より販売開始しました。
 
「J-ADSシリーズ」は、㈱日本製鋼所の全電動機として第5世代目となり、既に販売している小・中型射出成形機(型締力30t(300kN)~450t(4420kN))からラインアップを拡充するものです。
最大の特長は、“生産性向上(業界最速級のハイサイクル成形性能)”であり、独自のハイサイクルトグル機構の更なる高速化によりドライサイクルを約15%短縮しました。その他、最新コントローラの搭載や新スクリュ、独自の省エネ技術により成形安定性、省エネ性、保守性の向上を実現しました。
 
J-ADSシリーズのコンセプトは、「すべてのお客様に最大限の安心を(Satisfaction)」とし、以下の主な特長に示す4つの「S」を根幹にしています。
 
<主な特長> ※各数値は従来機比
  • 生産性向上‥‥‥‥‥‥‥‥【Speed】
    • トグル機構の高速化によりドライサイクル(タイム)を約15%短縮
    • 射出装置の低慣性化により射出(立上り)性能を約25%向上させ、成形品の薄肉化に対応
  • 高剛性・長寿命‥‥‥‥‥‥【Strong】
    • 高剛性型締装置を更に進化させ、タイバー間隔の拡大により従来機より大きな金型を搭載可能
    • 新スクリュデザインによりスクリュの摩耗(長寿命化)や樹脂焼けを抑制
  • 省エネ・安定性‥‥‥‥‥‥【Stable】
    • 電動機ならではの省エネ性に加え、独自の電源回生機能や同期昇温制御を標準装備
      消費電力を対油圧機で50~70%、対ハイブリッド機で10~20%削減可能
    • 成形安定性向上に寄与する型締力フィードバック制御、各種計量&射出制御を標準装備
  • 機能性・操作性・保守性‥‥【Smart】
    • 量産下における更なる生産効率向上に向けて、消費電力を低減する提案機能および予防保全機能(J-Support)や、金型装着から初期成形条件設定、成形不良対策までの一連の成形作業の支援機能(J-Assist)を標準装備
    • 御客様のスマートファクトリー化に貢献するIoTソリューション「J-WiSe®」(生産管理、運転支援、サービス・保全、生産自動化システム)にも対応
      ※J-WiSe®:JSW Worldwide IoT Solutions of Enhancement
【お問い合わせ先】
日鋼YPK商事株式会社 成形機システム部
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー24階
TEL: 03-5745-2144  URL: https://jsw-nyc.jp
もしくは最寄りの支店・営業所までご連絡下さい。
 
<写真>
hybrid
J650ADS-3900H